下崎整形外科医院:整形外科/スポーツ整形外科/リハビリテーション科

お問い合わせ
076-274-5000

PFC-FD療法

PFC-FD療法

血小板は血管が損傷したとき
損傷した場所に集まって止血をする働きがあり、
その際、組織修復のプロセスを開始する物質(成長因子)を多量に放出します。
この成長因子を使うことで、治りにくい組織の修復を促したり、
早期の組織修復が期待できます。

PFC-FDとはPlatelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry

自身の血液から血小板を多く含んだ成分(PRP:多血小板血漿)だけを取り出し、傷ついた箇所に注入する療法を「PRP療法」といいます。
「PFC-FD」とは、このPRPをさらに活性化させ、抗炎症成分再生を促す成分を高濃度抽出したもの(PFC:血小板由来因子濃縮物)を精製し、さらにフリーズドライ化したものです。

PFC-FDは、PRPの2倍の成長因子が含まれています。

治療の目的

ご自身のPFC-FD(自己血小板由来成分濃縮物)を用いて、自己修復力を活性化させることがこの治療の目的になります。
自己修復力を活性化した結果、次のような効果が期待できます。

  • ケガ、傷の修復速度の向上(加速)
  • 損傷後、治りにくくなった部位で、再度治癒プロセスの活性化(再構築)
  • 組織の硬さや柔軟性を元の状態に近づける(組織の変化、物性の変化)
  • 痛みの感じ方を変化させる(受容器の変化)

PFC-FD療法で効果があると考えられる方

スポーツで関節を痛めた方

  • スポーツで関節を痛めた方
  • スポーツで関節を痛めた方
  • スポーツで関節を痛めた方
  • スポーツで関節を痛めた方

治療の方法

診 察

医師による診察を行います。患部の痛みや違和感の程度、これまでの治療などをお伺いします。

採 血

静脈より血液を49ml採取します。

加 工

セルソース再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設、厚生労働省認可)に搬送し作成します。
※作成には約3週間を要します。

注 入

改めて来院していただき、PFC-FDを注入します。
※約6ヶ月間当院で保管します。

注意点
  • 注入後、数日間は血流の良くなる活動(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒など)を行うことで治療に伴う痛みが強くなることがありますが、この痛みが強くなったからといって治療効果に差はありません。
  • 関節は細菌に弱いので、注入部は清潔に保つよう心掛けてください。
  • 本注射を行った疾患に対する保険診療は、今後当院で受けることはできません。
治療に係る費用

180,000円(税抜) /1検体あたり

自由診療となります

社会保険、国民健康保険など医療制度上の保険で受けることはできませんので、全額患者様ご自身にご負担いただきます。