下崎整形外科医院:整形外科/スポーツ整形外科/リハビリテーション科

お問い合わせ
076-274-5000

当院について

院長あいさつ

私の診療における基本理念は「医は仁術なり」です。患者さんを検査データや画像だけで診断・治療することはあってはならないことです 。もちろん検査データや画像は大切ですが、まず患者さんをよく診察し、患者さんの痛みや悩みを理解した上で、医療ははじまるのです。患者さんを救いたいと思う熱い心が最も大切であり、治療方針に迷った時には、患者さんを自分の身内と思ってみれば自然と答えが出てくるものと思います。患者さんから「ありがとう」と言っていただけることが、私たちの財産です。

院長紹介

来歴

昭和55年
金沢大学医学部 卒業
 
金沢大学整形外科 入局
昭和63年
カナダ留学
平成2年
金沢大学整形外科 講師
平成3年
金沢大学整形外科 医局長
平成8年4月
下崎整形外科医院 開院
平成9年7月
医療法人社団下崎整形外科医院 開設

所属学会・認定医など

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会スポーツ認定医
  • 日本体育協会スポーツ医
  • 日本整形外科学会リウマチ認定医

理念

「医は仁術なり」

診療科目

整形外科

整形外科全般の診療を行っていますが、
私の専門は、関節外科(膝・股・肩)・スポーツ整形外科であり、
特に変形性膝関節症・変形性股関節症などに対する人工関節置換術に力を入れています。

リハビリテーション科

手術の後やさまざまな障害を克服するためのリハビリテーションは、理学療法士が、症状に合わせた的確な機能訓練のメニューを作成するとともに、設置された各種のリハビリ機器・器具を用いて自立への援助に力を入れています。

リハビリ機器や運動療法の方法などをわかりやすく説明できるようスタッフ全員で努めております。疑問等がございましたら、ご遠慮なくお聞きくださいませ。

施設基準

当院での、施設基準に係る手術の年間症例数

手術名 人工関節置換術    117例

手術名 靭帯断裂形成手術  8例

(平成27年1月1日~平成27年12月31日まで)

施設基準の届出

当院では、以下の項目について厚生労働大臣が定める基準に適合しているものとして、東海北陸厚生局長に届け出て保険診療を行っています。

基本診療科の施設基準

1.有床診療所入院基本料1

2.入院時食事療養(I)

特掲診療科の施設基準

1.理学療法
  運動器リハビリテーション(I) 個別療法 185点(1単位)

2.届出に係る手術
  靭帯断裂形成手術等 人関 人工関節置換術

特別の療養環境の提供

当院では、以下の病室をご利用の際、別途室料の徴収を行う旨、東海北陸厚生局長に届出を行っています。

1. 個室 201号室 202号室 計2床 室料 6,000円(税別)
2. 2人室 205号室 207号室 計4床 室料 3,000円(税別)